資金調達プログラム

- 間接金融 -

 

資金調達の必要事由

資金調達が必要な事由には「運転資金」と「設備資金」があります。

  1. 運転資金:仕入・経費支払等、事業を行うにあたって必ず支払わなければならない時に現預金が足りなくなる場合に必要となる資金。
  2. 設備資金:土地購入・建物建築・機械購入・車両購入等、企業が事業を行っていくにあたって必要とする設備を手に入れるため、確保する資金のことをいいます。返済は基本的に長期(1年を超える期間)となります。

 

調達先とメリット

調達先:1.銀行 2.政策金融公庫 3.ノンバンク系

メリット

  1. 銀行…借入金額枠が大きい、対応が柔軟
  2. 政策金融公庫…民間銀行と別枠、審査期間が短い、金利が低い
  3. ノンバンク系…決算数字・資金使途不問、融資までスピーディー

実施方法

実施方法

 

お問合せフォームよりお問合せ下さい。弊社よりご連絡差し上げます。

お問合せ

お電話の場合は 03-3518-9440

 

Copyright (C) 2017 株式会社コンサルティング・ネットワーク All Rights Reserved.